ランナー膝の処置法と治し方

MENU

膝の痛みを感じたら?

ランナー膝は腸脛靱帯炎のことで、マラソンをする人がなることが多いので、こう呼ばれています。

 

ランナー膝になると、膝の少し上、外側が痛み、歩いただけでも痛みを感じる人もいます。
マラソンのように膝を大きく動かす動作をすると、腸脛靱帯とそばにある大腿骨外側上顆がぶつかり合います。
この頻度が多く、炎症を起こしたのが腸脛靱帯炎です。
ランナー膝はO脚やX脚の人は特にかかりやすい傾向があります。
太ももの筋肉を鍛えることで、ランナー膝はの原因となるO脚やX脚の解消が期待できます。

 

膝に痛みを感じたり、ランナー膝かもと思ったら、とにかく休むのが最善策です。再開する場合も、フォームを改善するなどの予防策をとってからにしましょう。
ストレッチも予防法として効果が期待できます。

 

ランナー膝の応急処置としては、アイシングや湿布を貼るのが適切です。
他の方法で効果が出ずに日常生活に支障が出る時などは、手術になることもありますが極めて稀です。
ランナー膝はサッカーのように、よく走るスポーツや競技をする人もなりやすいです。
現代では、スポーツ科学の研究も進んでいて、ランナー膝の痛みを解消するための走法があるということです。
その走法というのは、渡邉高博の膝サポート走法というDVDに収録されたスポーツ教材になります。
ランナー膝の悩みを持つ人にとっては大変、参考になる内容だと思われます。